Warner Music Life

記事一覧(702)

リック・アストリーのビューティフル・ライフは今花開く――。キャリアの第2期黄金時代を謳歌する彼の待望のニュー・アルバム『BEAUTIFUL LIFE』完成!

1987年に「ネヴァー・ゴナ・ギヴ・ユー・アップ」が全英・全米No.1、「トゥゲザー・フォーエヴァー」が全米No.1を記録するなど、80年代後半に全世界を制覇し、2016年には久々のアルバム『50』が、デビュー・アルバム以来の全英No.1を記録し、2017年にはサマーソニックで来日公演も行った、イギリスのヴォーカリスト、リック・アストリー。 50歳という節目の年にリリースした約10年振りのスタジオ・アルバム『50』で約30年振りとなる全英No.1アルバムを獲得し、UKツアーでは10万枚以上のチケット売上を記録するなど、見事な復活を遂げたリック。 今回リリースされる最新作『BEAUTIFUL LIFE』に収録されている珠玉の12曲は、前作の発売にともなうプロモーションやツアーの合間に自宅のホーム・スタジオで作ったという。「気がおかしくなりそうな慌ただしさのなか、自分の小さなホーム・スタジオに戻り、時間を過ごしていた。それが自分の好きなことだからね。そこで、あれこれいじっていたら、いつの間にかニュー・アルバムを作り始めていたんだ」  前作同様、本アルバムでも収録されている全12曲のソングライティングを自ら手掛け、また楽器も全て担当。彼のトレードマークでもあるソウルフルな声も健在だ。アルバムの発売に先行してリリースされたのは、シングルとなるタイトル・トラック。シック風な要素も感じさせる、ダンサブルでキャッチーな、これぞリック・アストリーという1曲になっている。また心を揺さぶる切々としたソウル・バラード「Try」や、子供時代の想い出を綴ったハートウォーミングな「The Good Old Days」、ドゥーワップ調の「Chance To Dance」まで、『BEAUTIFUL LIFE』には、アップテンポなナンバーからバラードまで、タイムレスな魅力をもったポップ・ナンバーが揃っている。ファースト・シングルとなるのは、どこか懐かしくもあるゴージャスなアレンジと、リックのソウルフルなヴォーカルが見事なマッチングを見せる
タイトル・トラック『Beautiful Life』。 Beautiful Life

パンチ・ブラザース、ブルーグラスの最新進化形超絶技巧派バンドが辿り着いた音楽の新世界!待望のニュー・アルバム発売!

年々その評価が世界へと広がっている、超絶技巧派アメリカーナ・バンド、パンチ・ブラザーズ。その彼らの約3年振りとなるニュー・アルバムが完成した。しかもバンド初となるセルフ・プロデュース! 新作『ALL ASHORE』は、大きな称賛を受けた、T Bone Burnettのプロデュースによる前作『THE PHOSPHORESCENT BLUES』に続く作品となる。その前作について、NPR(アメリカの公共ラジオネットワーク)は、“パンチ・ブラザーズは、デジタル時代における心の混乱や孤独を…自分たちにしか出せないサウンドで描いている”と評したが、今作においても彼らは、自分たちを取り巻く世界を理解しようと試みているのだ。 「このアルバムは、今日の、特に今日の政治社会情勢下における、真剣な交際についての沈思黙考だ」そう語るのは中心メンバーでもあるクリス・シーリ。「僕たちは、完全なる思想みたいに説得力のあるものを作り出せたらいいなと思っている。この場合は、9楽章もしくは、9章の思考になるね。ただ何を意味しているのかは、幅広い捉え方が出来る、それを語る登場人物もね」彼はさらにそう続ける。 アルバムの先行トラックとなるのは「It's ALlPart Of The Plan」。ナッシュヴィルのドラッグ・ストアを改装したヴィンテージ感溢れるスタジオ、Layman Drug Companyで1本のマイクを囲んで曲を演奏する彼らを捉えたミュージック・ビデオも注目に値するだろう。It's All Part of the Plan

モリッシー、 孤高のカリスマが自らキュレートした『THIS IS MORRISSEY』発売!

抗う魂たちよ――心して聴け!モリッシーが選びし自選集を。 孤高のカリスマが自らキュレートした『THIS IS MORRISSEY』発売!現代英国のアイコンで最も影響力のある一人、一筋縄ではいかない、インスピレーションを想起する、独創性に富んだ、先鋭的で扇動的、 崇拝を集める、歯に衣を着せない、ロマンチスト――モリッシーというアーティストは一つの言葉では到底言い表すことが出来ない。NMEが「史上最も影響力のあるバンド」と評したザ・スミスのヴォーカルにして詩人である彼は、その美学と言動、詞と音楽で、英国音楽シーンのカリスマとして、圧倒的存在感を誇っている。ミュージック・シーンで誰もが到達できない独自のポジションを築いた、まさに孤高のカリスマである彼だが、突如自身がキュレートするコンピレーションのリリースが発表された!『THIS IS MORRISSEY』と名付けられた本作には、アーティスト自身が選んだ、モリッシーの名曲、ライヴ曲、さらに不滅の大人気曲「Suedehead」のMael Mixなど12曲が収録されている。(アナログは13曲収録)またブックレットには、作家、Fiona Dodwellによる熱い想いが込められたアルバム・ノーツを掲載!「素晴らしい曲が多すぎて、選ぶのは難しかったよ。アルバムは生命に満ちていて、意味ある問いかけ、最高のコーラスが溢れ、結構遊び心もある。これらのカタログは過小評価されていると思うが、誰だって自分の曲に対しては、そう感じているのかも知れない」今作の選曲について問われたモリッシーはそう答えている。収録されている楽曲は、1988年の初ソロ作『VIVA HATE』から、1994年の『VAUXHALL AND I』までパーロフォン時代のアルバムからのシングルが中心となっている。 現代世界を見詰め、一人で闘いを挑み続けている英国音楽シーン、孤高のカリスマ、モリッシー。彼が自ら選びし12曲の自選集――これは心して聴くしかない!

デヴィッド・ボウイのキャリアを総括する驚異のボックス・セット第四弾 『ラヴィング・ジ・エイリアン [1983-1988]』が10月12日に発売決定! 日本盤CDボックス・セットは10月下旬発売予定。

常に時代の先端を走り続け、時代を開拓し続けてきた伝説、デヴィッド・ボウイ。1969年からの彼のキャリアを総括するボックス・セット・シリーズの第四弾となる『ラヴィング・ジ・エイリアン [1983-1988]』が、ワーナーミュージック・グループ/パーロフォン・レコーズよりリリースされることが決定した。この『ラヴィング・ジ・エイリアン [1983-1988]』は、非常に高い評価を受ける『ファイヴ・イヤーズ [1969-1973]』、『フー・キャン・アイ・ビー・ナウ [1974-1976]』、そして『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン [1977-1982]』に続く作品となり、海外では10月12日にリリースされる(日本盤CDボックス・セットは10月下旬に発売予定、詳細は後日)。このボックス・セットには、ボウイの1987年作品『ネヴァー・レット・ミー・ダウン』の最新プロダクションによる2018年版アルバムが収録されている。この新ヴァージョンは、ボウイの長年のプロデューサー/エンジニアであるマリオ・マクナルティが手掛けたもので、同じくボウイのコラボレイターでもあるリーヴス・ガブレルズ(guitar)、デヴィッド・トーン(guitar)、スターリン・キャンベル(drums)、ティム・ルフェーブル(bass)による新たな音源が収録されており、また、ストリング・アレンジメントにはニコ・マーリーが、そして楽曲「シャイニング・スター(原題: Shining Star (Makin’ My Love))」にはローリー・アンダーソンがゲスト参加している。84年発表のアルバム『トゥナイト』のオープニング・トラックをタイトルに冠したこの『ラヴィング・ジ・エイリアン [1983-1988]』は、11枚組CDボックス、15枚組LPボックス、そしてデジタル配信という3形態でのリリースとなる。デヴィッド・ボウイが世界的な成功を収めた時期を総括するこのボックス・セットには、最新リマスターが施された『レッツ・ダンス』、『トゥナイト』、『ネヴァー・レット・ミー・ダウン』といったアルバム(『ネヴァー・レット・ミー・ダウン』はオリジナル・ヴァージョンと2018ヴァージョンの2枚)が収録されている他、ライヴ・アルバム『グラス・スパイダー(ライヴ・モントリオール ‘87)』や、未発表ライヴ・アルバムとなる『シリアス・ムーンライト』、そしてオリジナル・リミックス楽曲を多数収録した『ダンス』と、アルバム未収録曲やオルタナティヴ・ヴァージョン、Bサイド曲やサウンドトラックに提供した楽曲などをコンパイルしたレア楽曲集『リ・コール4』が収録されている。ボックス・セット限定のアルバムとなる『ネヴァー・レット・ミー・ダウン(2018)』は、ボウイが87年に発表した作品を新たなプロダクションでレコーディングした作品だ。アルバムの新ヴァージョンを制作する、という構想は、2008年にデヴィッド・ボウイがマリオ・マクナルティに、「タイム・ウィル・クロール」のリミックスを依頼した時に生まれたものだという。スターリン・キャンベルのドラムを新たにレコーディングし、そこにストリングスを付け加えて完成したこの楽曲のリミックスは、2008年のコンピレーション・アルバム『iSelect』に収録されることとなったのだが、その反応に非常に手ごたえを感じたボウイは、「アルバムの他の曲も同じようにやり直そう」と考えたのだ。2018年、マリオ・マクナルティはスターリン・キャンベルや、ボウイのアルバム『★(ブラック・スター)』にも参加していたティム・ルフェーブル、リーヴス・ガブレルズ、そしてデヴィッド・トーンと共にニューヨークにあるElectric Lady Studiosでこの2018年版のレコーディングを行なっている。ここに集まった全てのミュージシャンはボウイと歴史を共にした経験を持ち、このアルバムの新ヴァージョンを手掛けるには完璧な布陣だったと言えるだろう。ストリング・アレンジメントを施したのは、2001年にフィリップ・グラスのインターンとして共に働いていたニコ・マーリーだ。また、この2018年ヴァージョンには、アートワークにもリミックスが施されており、オリジナル・アートワークのイメージを踏襲しながら、そこに当時のジャケット撮影時の未発表写真(撮影はグレッゴ・ゴーマン)をフィーチャーしたものとなっている。『ネヴァー・レット・ミー・ダウン(2018)』収録曲となる「ゼロ(2018)」は現在、絶賛デジタル配信中。

フィル・コリンズが過去にコラボレーションを行ったアーティストとの楽曲を集めた、4枚組CDボックス・セット『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』が9月28日に海外リリース。

『いい人生を送ったねと人は言うかもね。自分は人生のほとんどでやりたいことをやっただけ。ただでやっていたのに、良いお金をもらったね。ドラムを叩くということだけどね。僕のヒーローたちと演奏してきた間に、ほとんどの人と親しい友達になった。この4枚のCDを聴けば、それらの瞬間が少しは分かるはず。これらの曲を集めることを許してくれたアーティスト達に感謝したい。そんなに簡単なことではないからね。』・・・フィル・コリンズイギリスの最も重要なロック・バンドのメンバーであり、世界で最も成功した男性シンガーであるフィル・コリンズはいろいろなアーティストと常にコラボレーションを行ってきた。ドラム、ボーカル、ソング・ライティングなど、彼の才能は彼の音楽的なヒーローたちを助けてきた。フィル・コリンズの59曲にも及ぶコラボレーションのハイライトが『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』という結晶になった。4枚組CDボックス・セットとデジタル・ダウンロードで9月28日に海外発売になる。フィル・コリンズが初めて参加したバンドとして知られるフレイミング・ユースから、70年代の伝説のアーティストであるブランドX,ブライアン・イーノ、ロバート・フリップ、ジョン・ケイルとの曲や、スーパースターとなった80年代の楽曲、さらにクインシー・ジョーンズやトニー・ベネットとの共演まで収録している。アルバム・タイトルは深い真実を含む、洒落の効いたプレゼントから取られている。フィル・コリンズがジェネシスのフロントマンになったとき、ジェネシスの専属ドラマーとなったチェスター・トンプソンがフィルに特別な誕生日プレゼントを贈った。それは高価なものではなく、ただのTシャツだった。そのTシャツの表には、ドラムのスティックを持って、どんなセッションにも顔を出し、彼が尊敬しているミュージシャンのために喜んでプロデュースを行うというフィル・コリンズの気持ちを象徴するスローガンが書かれていた。“プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ”と。ジェネシスのプロデューサーだったジョン・アンソニーはフィル・コリンズを様々な音楽的な環境に適応するミュージシャンとして見ていた。フィル・コリンズは思い起こす「彼はいろんなレコードをプロデュースしていて、いいドラムを求めていたから、僕を使ってくれた。よく夜中にトライデント・スタジオに行って、ただ楽しんでプレイして、朝の6時か7時に家に帰ってきた。ただプレイして時折お金になるってことを楽しんでいた。お金のためではなかった、ただプレイするためだったんだ」。ピーター・ガブリエルの3枚目のソロ・アルバムの仕事を通じて、エンジニアのヒュー・パジャムと、80年代のポップを席巻するゲート・リバーブのドラム・サウンドに偶然出会うことになる。それは、ピーター・ガブリエルの「イントルーダー」で初めて聞かれ、後にフィル・コリンズの象徴的なヒット曲「夜の囁き」のドラフ・フィルで使われることになる。アルバム『夜の囁き』でソロとして成功をしてく中で、すでに成功しているアーティストから新たな何かを求められ、アダム・アント、エリック・クラプトン、ロバート・プラント、アバのフリーダなどを手助けして、彼らを新たなキャリアに導いた。『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』には音楽の歴史の中の成功物語がとらえられている。そのために彼は様々なジャンルの、様々なミュージシャンからリスペクトを受けてきた。フィル・コリンズのトリビュート・アルバム『アーバン・リニューアル』に収録され、ここにも収録されたリル・キムの曲がそれを示す最もいい例だ。【リリース】アーティスト:フィル・コリンズアルバム・タイトル:プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ発売日、価格など、国内盤の詳細は追って、以下のホームページで詳細を発表いたします。https://wmg.jp/phil-collins/購入はこちら

世界中のパンクスの憧れ、RAMONES!映画出演もし、活動とサウンドの幅を広げた4th AL『ロード・トゥ・ルーイン』の発売40周年を記念したデラックス・エディションが9月21日に発売!

世界中のパンクスの憧れ、RAMONES!映画「ロックン・ロール・ハイスクール」ヘも出演し、活動とサウンドの幅を広げた第4弾アルバム『ロード・トゥ・ルーイン/ROAD TO RUIN』が発売40周年を記念して、3CD+1LPのデラックス・エディションが9月21日に発売される事が決定した!ラモーンズが4作目のスタジオ・アルバムとなる『ロード・トゥ・ルーイン』をリリースしたのは、今から40年前のこと。プロデュースやソングライティングに専念する為バンドを離れた創立メンバーのトミー・ラモーンに代わり、マーキー・ラモーンを迎えて完成させた本アルバムには、ラモーンズ永遠の名曲「アイ・ウォナ・ビー・シディテッド (I Wanna Be Sedated)」が収録されていることでも広く知られている。この記念すべきアニヴァーサリー・イヤーを祝して、アルバムが実際に発売された9月22日より1日早い9月21日に、3枚のCDとアナログ・レコード1枚からなる『ROAD TO RUIN: 40TH ANNIVERSARY DELUXE EDITION』のボックス・セットが発売となる。同時に最新リマスター音源を使用したオリジナル・アルバムCD1枚組も発売される。またどちらのヴァージョンも各音楽配信サービスでも配信される。現在、アルバム発売に先行して、「アイ・ウォナ・ビー・シディテッド」の未発表テイク、”Take 2"が公開中!