ジョージ・カックルはかく語りき ~ あのころの素晴らしきレコード盤たち ヴァン・ヘイレン 「ジャンプ」 No. 2

「<ジャンプ>が出たころはもうMTVが大全盛で、どこに行ってもMTV。友達の家、バー、レストランに行けば間違いなくMTVが流れてたね。ラジオが可愛そうに思ったよ。その中でも<ジャンプ>は年がら年中かかってた。へヴィメタとかハード・ロックの連中は、突っ張ったイメージがあったけどヴァン・ヘイレンは違ってた。エディ・ヴァン・ヘイレンがカメラに向かってニコニコ笑いながらギター弾くんだよ。それまでのハード・ロックのギターはみんな難しそうな顔して弾いてるわけ。エディはキーボードも楽しそうに弾いていた。それが新鮮だったね。それとヴォーカルのデイヴ・リー・ロス。彼が、ジャンプ!と叫ぶとき本当にジャンプしてるのね。あいつ本当に運動してるんだなあ、と感心したよ。そのとき、ロックもアクロバットだと思った。彼らはエンタテイナーだった。MTVの時代はどう映るかがキーでヴァン・ヘイレンはMTVをうまく使っていた」

(ジョージ・カックル談)


シングル「ジャンプ(Jump)」(Warner Bros. 29384)

1983年12月21日に米国で発売されたヴァン・ヘイレン8枚目のシングル。

全米シングル・チャート1位(5週)

全英アルバム・チャート7位


【日本盤】



【フランス盤】



【ブラジル盤】



アルバム『1984』(「ジャンプ」収録)

1983年12月26日に米国で発売されたヴァン・ヘイレン6枚目のアルバム。

プロデュース:テッド・テンプルマン

録音:5150スタジオ、ハリウッド

全米アルバム・チャート2位

全英アルバム・チャート15位


【ヴァン・ヘイレン オフィシャルページ】

0コメント

  • 1000 / 1000